産後の分娩後脱毛症に注意!症状と対策

無事に出産を終えた頃、
女性の体は目まぐるしく変わっていきます。
特にホルモンバランスが大きく変わります。

 

その関係で、産後に抜け毛で悩む人が多いです。

 

分娩後脱毛症と呼ばれ、抜け毛が増えて驚くケースもあります。
さっそく分娩後脱毛症の原因や症状、対策を見てみましょう。

 

分娩後脱毛症の原因と症状

分娩後脱毛症の原因は、
ずばりホルモンバランスの乱れによるものです。
妊娠中、女性の体はホルモンの分泌量が増えていきます。
妊娠後期になるにつれてホルモンの分泌量は増えます。

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2つがありますが、
出産を終えるとプロゲステロンの量が元に戻ります。

 

これによって適度に抜けていた髪の毛がごっそり抜けるようになるのです。
症状としては、ブラッシングした時にまとまって髪が抜ける、
シャンプーやトリートメントの時に塊になって抜けるといったものがあります。

 

髪の毛が抜けやすいシーンにおいて、
驚くくらいの量が抜けるのが分娩後脱毛症の特徴になります。

 

分娩後脱毛症は慣れない生活によるストレスや睡眠不足、
栄養不足などによっても起きるので、産後は心身共にしっかりケアをすべきです。

 

分娩後脱毛症の対策

出産を経験した女性なら
誰でもかかる恐れのある分娩後脱毛症ですが、

 

症状が実際に現れている時は
このまま禿げてしまったらどうしようという不安な思いも抱えることがあります。

 

そこで、分娩後脱毛症の対策も知っておきましょう。
分娩後脱毛症の対策では、
規則正しい生活を送ることが何よりも大事になります。
そこで、以下の3つを抑えて快適に過ごせるようにしてみましょう。

 

ストレスを溜めない

赤ちゃんとの生活に慣れない中、ストレスも溜まっていくものです。

 

誰にでもあることなので、
そのストレスとどう向き合うか、どのように発散するかが大事です。

 

赤ちゃんがそばにいてもできて自分がリラックスできることを見つけておくと良いです。
読書をする、おいしいお茶を飲む、音楽を聞くなどがおすすめです。

 

質の良い睡眠を取る

産後は赤ちゃんの夜泣きが始まります。

 

お母さんはしっかりと眠ることができなくなりますが、
そんな時こそ睡眠の質を高めるようにしましょう。

 

眠りに良い環境作りをする、
リラックスして眠りにつけるよう温かい飲み物を飲む、

 

足元を温めて眠るなど簡単にできることから始めましょう。
少しの時間でも質の良い睡眠を取れるようにするのがポイントです。

 

規則正しい生活を心がけ、食事でたっぷり栄養を補給する

合間を見て少しでも体を休めないといけない産後ですが、
できる限り規則正しい生活も心がけましょう。

 

夜は早めに布団に入る、
食事は決まった時間に食べるといった基本的なことを確立できるようにしましょう。

 

そして、食事では栄養バランスを考えてしっかりと食べることも大切です。
野菜や肉、魚、大豆製品などバランスよく食べられるようにしましょう。

 

まとめ

分娩後脱毛症は産後に訪れる体の変化の1つであり、
いきなり症状が現れると驚いてしまいます。

 

しかし、分娩後脱毛症になっているのにはちゃんとした理由があること、
対策を始めるには赤ちゃんとの生活の中で上手に過ごすことが大切なのです。