女性によく発症してしまう「びまん性脱毛症」の症状と対策

薄毛は症状や特徴によって名称もついており、
その1つにびまん性脱毛症があります。

 

このびまん性脱毛症は女性で発症する人が増えていますが、
その原因は何なのでしょうか?

 

原因を知って、正しい対策を始めましょう。

 

びまん性脱毛症の原因

びまん性脱毛症は、
毛髪全体が薄くなってくるという特徴を持っています。

 

目で見て分かるまでにすでに進行しているパターンが多く、
気がついた時には症状が悪化しているということもあります。

 

AGAは男性の薄毛として知られていますが、
びまん性脱毛症はAGAの女性版とも言われてます。
びまん性脱毛症が起きる原因としては、いくつか挙げられます。

 

加齢

女性ホルモンの減少やホルモンバランスの乱れによって、
男性ホルモンが優位に立つようになり薄毛を招きます。

 

またコラーゲン不足によって頭皮が乾燥しやすくなり、髪の毛にも影響を与えます。

 

ストレス

ストレスを溜め続けていると、
自律神経のバランスが乱れてしまいます。

 

ストレスを受けると血管が収縮されることから血行不良を起こし、
髪に栄養が届かなくなる点も薄毛を進行させます。

 

ダイエットや不規則な生活習慣

過度なダイエットをすると栄養不足になるので、
髪の毛も思うように成長できません。

 

さらに、外食や好きなものばかり食べていると栄養の偏りを起こし、
油脂を多く摂取していると血液の流れが悪くなり頭皮に栄養が行かなくなります。

 

加齢に伴った体が変わってきていること、
日頃の生活も見直して規則正しい生活を送ることが大切なのです。

 

びまん性脱毛症の対策法

続いて、びまん性脱毛症の対策法について考えてみましょう。

 

いくつかの対策法を紹介しますので、
実践できるものから始めてみてください。

 

規則正しい生活を送る

乱れた生活を送っていると、食事から栄養をきちんと補給できず、
睡眠不足によって髪も成長できないまま悪循環に陥ります。

 

そこで、食事内容を見直して体に良いものを食べましょう。

 

野菜をたっぷり摂取して、
ファーストフードや外食で済ませるのを控えるだけでも、薄毛の症状は改善されます。
そして、夜は早めに就寝して、早寝早起きの習慣も身につけると良いでしょう。

 

ストレスを溜めない

ストレスを溜めない生活を送ることも大事です。

 

ストレス発散できるものを見つけておく、
嫌なことを溜め込まないように心がけるなど、ストレスと上手に向き合いましょう。

 

知らないうちに溜まっているストレスを定期的に発散することが大切です。

 

ヘアケアを見直す

シャンプーを勢いよくしている、スタイリング剤は欠かせない、
パーマやヘアカラーも外せないといった生活を送っていると、
髪の毛はどんどん傷んでいきます。

 

そこで、シャンプーの正しい仕方やスタイリング剤の選び方などにこだわってみましょう。
ヘアケアを見直すだけでも、抜け毛を減らしてびまん性脱毛症対策ができます。

 

まとめ

びまん性脱毛症は
気づくのが遅れがちになるという特徴があります。

 

日々の生活習慣を見直しながら、
症状が悪化しないように対策を始めましょう。

 

びまん性脱毛症になっている原因を突き止めることができたら、
具体的な対策も実践できるでしょう。