女性ホルモンと薄毛の関係性とメカニズム

薄毛の原因といえば
男性ホルモンが影響しているイメージがありますが、
女性ホルモンは関係していないのでしょうか?

 

ここでは、女性ホルモンと薄毛の関係を見ていきます。

 

女性ホルモンと薄毛は大きく関係している

実は、女性ホルモンと薄毛は大きく関係していると言われています。
その関係について、ここでは詳しく解説します。

 

まず、女性ホルモンは年齢と共に減少しています。
女性ホルモンの1つにエストロゲンと呼ばれるものがありますが、
髪の毛を生成することに関係しているホルモンになります。

 

エストロゲンは髪の毛を作る点に関係しているだけでなく、
毛の成長期を整える役割もあります。
毛の成長期の期間を長くしてくれる働きもあります。

 

女性ホルモンが正常に分泌されていれば、
毛の成長は進んでいるので薄毛の症状に悩まされることはありません。

 

反対にエストロゲンの分泌が少なくなってきている時には
毛が順調に成長できなくなり、結果的に薄毛を招きます。

 

女性ホルモンはなぜ減少するの?

女性ホルモンは、一般的には年齢と共に減っていくものです。

 

40代や50代といった年代に差し掛かると閉経を迎える頃にもなり、
閉経してからは女性ホルモンは減少する一方となります。

 

女性ホルモンは卵巣で作られるものであるため、
閉経によって分泌量が左右されてしまうのです。

 

さらに、女性ホルモンが減少するのは加齢だけではありません。
日頃の生活習慣も大きく関係しています。

 

ストレスを抱えている、睡眠不足である、
食事の時間や就寝時間がいつもバラバラといった不規則な生活を送っていると、
加齢とは言えない年齢でも薄毛を発症することはあります。

 

女性ホルモンが減少すると、薄毛だけでなくお肌の調子が悪くなったり、
精神的に不安定になることもあります。

 

さらに、体の代謝が落ちたり、
高血圧など血管の疾患を発症する場合もあります。
女性ホルモンの減少は、薄毛以外にもさまざまな影響を及ぼすのです。

 

女性ホルモンをしっかり分泌していくためにも、
日頃の生活を規則正しいものに変えていくことが大切です。

 

まとめ

女性ホルモンが加齢と共に減少していくことで、
女性が薄毛で悩む症例も増えてきています。

 

女性ホルモンは女性にとって
体を若々しく元気に保ってくれる大事な存在であり、髪の毛の成長も促します。

 

女性ホルモンを少しでも多く分泌していくためには、
生活習慣を改善しながらストレスを溜めずに過ごすことが大切と言えます。