20代で薄毛がはじまる人も

現代の日本社会に働く女性は日々残業や疲労と戦っています。

 

そこで生まれるのが
ストレス、不安、疑問、挫折と言った精神的負担要素です。

 

「まだ結婚は考えていない。いまはもっと働きたい」
そんなアグレッシブなキャリアウーマンもたくさんいらっしゃいます。

 

しかし、気づかぬうちにそういった精神的負担は積もっていき、
中には鬱病や自律神経失調症など精神病に悩まされている人も少なくありません。

 

大学時代には経験したことのない社会の荒波というのは、それだけ過酷で厳しいものです。

 

20代からはじまる薄毛

そんな中、20代という若い年齢からすでに
薄毛や抜け毛が通常よりも目立ってくる方がいます。

 

外見ではまだ分からずとも、自身ではお風呂場で

 

「抜け毛が増えてる…」、
「髪が細くなってる」と感じ取っているはずです。

 

その原因はいくつかあるものの、
最も考えられるのは先に説明した通り
『ストレスなどによる精神不安』によるものです。

 

その中でも重要なのが『不安』です。

 

社会人ならば学生時代には経験したことのない
大きな不安が何かしら付いて回るものです。

 

先輩上司からの叱咤、顧客とのやりとりなど、
会社で働いている限り不安要素は尽きません。

 

人は極度の不安に陥ると血の巡りが悪くなります。

 

「血の気が引いた」とはよく言いますが、これは事実であり、
頭を巡る血行が一時的に鈍化するのです。

 

頭皮の血行が鈍化すると髪を発毛、
育毛させる働きが脆弱になります。

 

これは花を咲かせるための水やりが滞っていることを意味します。
一時的な貧血状態であれば問題はないのですが、

 

このような日々が慢性的に続くと、
序々にではありますが頭皮環境が悪くなり、抜け毛、薄毛のもととなります。

 

20代で考えられるほかの原因

会社での精神不安以外の要素としては『偏った生活習慣』
が挙げられます。

 

運動不足、栄養不足などの怠惰な生活習慣を身に付けてしまうと、
身体を形成する栄養が欠乏して、結果的に血行、新陳代謝が悪くなります。

 

髪はたんぱく質で構成しており、
それを作るもととなる栄養素はアミノ酸です。

 

アミノ酸が欠乏すると髪は成長することができなく、
生えてくる髪は薄くなってしまいます。

 

また疲労にかまけてしっかりと頭皮を洗っていないと、
頭皮にフケや雑菌などの老廃物が溜まります。

 

この老廃物が毛穴に詰まってしまうと、
発毛を邪魔されて健康な髪が生えてこなくなります。

 

これらが20代で考えられる薄毛と抜け毛の原因です。

 

改善策

 

『会社での精神不安』、『不規則な生活習慣』

 

この二大要素が原因と分かっておきながら、実際問題なかなか変えることはできませんね。
抜け毛が多くなったからという理由で会社を辞めるわけにもいきませんし、会社で働いている以上不規則な生活習慣も正すことは難しいです。

 

そこで女性の味方となってくれるのが『育毛剤』なのです。
通常のシャンプーは髪を育てたり頭皮改善を促す成分は入っていません。
あくまでもいま生えている髪の汚れを洗浄してくれるだけの役割しかありません。

 

そのシャンプーと併用して育毛剤を併用すれば髪を生き返らせてくれて、ダメージを知らなかった10代の頃のコシとツヤのある髪に戻してくれることでしょう。

関連ページ

禿げは男性だけじゃない!女性も禿げは進行します
一般的に「禿げる」という症状は男性にみられるものです。ですが女性でも脱毛、薄毛に悩まされているかたは多いのが現状。こちらでは男性だけでなく女性の薄毛、脱毛が進行してしまう原因についてご説明しています。